YouTubeの編集画面から、「ぼかし」加工をする方法とは?

目安時間:約 4分
YouTubeの編集画面でぼかしを入れる方法とは?

今回は、YouTubeの編集画面で、

ぼかしを入れられるんだよってことを

ご紹介します。

YouTubeの編集画面から、「ぼかし」加工をする方法とは?

 

まずは、こちらから、動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

ぼかしを入れる中で、

大変なことは、

 

・ぼかしがずれること

 

・ぼかしを入れる時間調整が

思いのほか、難しいこと

 

 

この2点があげられます。

 

 

 

ぼかしは、絶えず、同じ位置になく、

 

「動くものを認識して、

ぼかしが動く機能」があるようです。

 

 

 

だから、時間だけ調整して、

ぼかしをチェックしないと、

 

全く、ぼかす必要がないところが

ぼかされていたりなんてことも!

 

 

 

 

 

だから、保存をクリックする前には、

 

ぼかしを入れるべき場所が、

ぼかされているか、

 

必ず確認するようにしてください。

 

 

 

あとは、時間の微調整ですが、

1分当たりの長さを

長くすることも可能なので、

 

そうすると、微調整も

しやすくなりますね。

 

 

 

ちなみに、ぼかしはこのようなイメージで

入れることが出来ます。

 

 

また、例の動画ですが・・・

 

ぼかしは、

このあたりから入ります。

 

 

 

ぼかしはうまく入ってますが、

文字が分かりにくいですね。

 

 

だけど、あくまでも

イメージが分かればよいので、

これで、よしとしておきます。

 

 

 

これで、ぼかしは、

動画をアップしてから入れるので、

 

最前面になってしまうということが

分かりました。

 

 

 

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
プロフィール

みい
YouTubeで稼ぐ方法を包み隠さず、
お伝えします!
詳しいプロフィール

YouTubeチャンネル
初心者限定!YouTube講座☆
無料レポートをプレゼント
このブログの人気記事
コメントありがとうございます
無料コンサル
MyASPの使い方
カテゴリー
ブログ内検索